2021-03

スポンサーリンク
キャリア

それは「やりがい搾取」だ!

そもそも、やりがい搾取とは? 経営者が支払うべき賃金や手当の代わりに、労働者に「やりがい」を強く意識させることにより、本来支払うべき賃金(および割増賃金)の支払いを免れる行為をいいます。東京大学教授で教育社会学者の本田由...
主婦時代

結婚後、転妻だけど働こうとして応募した仕事

過去を振り返りながら、書いています。 転妻生活がスタート 夫の転勤に帯同し、正社員を退職。引っ越しの荷ほどきが落ち着くと、やることは家事とハローワーク通いのみです。 転妻、赴任地で求人に応募してみる い...
キャリア

子どもの体調管理は重要!「休めない」を回避するために心掛けていること

はじめに 子どもの発熱、鼻水咳、こんなときはそばにいたいですよね。我が子は喉が弱く、よく熱を出していましたし、感染症が流行し始めると真っ先にもらってくる子でした。仕事の予定が詰まっているとピリピリしてしまってつら...
キャリア

これから復職を目指す方必見!産休・育休・時短勤務を賢く活用

制度を知って、賢く活用 妊娠~育児中の方には働きやすい制度が多く、活用することでワークライフバランスをとりながら働くことができます。子育て中の働きやすさだけではなく将来の年金額にも影響してくるので、知っておくといいですよ。私は離職し...
日常

転勤が多い3月。辞令が出たとき、家族の選択は?準備をご紹介

こんな人におすすめ 転勤未経験の方、その家族転勤族の方がまわりにいる就職するときの参考にしたい方 転勤の内示から実際の引っ越しまで ・内示・家族へ連絡・送別会、引継ぎ・家探し→園や学校探し・引っ越し日や業者の決定・インフ...
キャリア

【国立大・理系出身】の元転妻が今、大学入試について思うこと

もうすぐ国立大学・後期日程の合格発表です。私も後期で入学したひとりで、合格しなければ浪人するつもりでした。その逃げられないドキドキ、息のつまる緊張感、とともにやりきった達成感はつい最近のことのように思い出します。 現高校3年生の大学...
キャリア

転妻のキャリアを考える。「とりあえず派遣」はあり?

こんな人におすすめ 転勤に帯同して退職した方キャリアに迷っている方派遣って実際どうなの?と思っている方 時給1000円のパート、1500円の派遣ならどっちを選ぶ? 私なら、パートを選びます。直接雇用のほうが安...
主婦時代

【転妻に朗報】実例解説付き!失業保険をもらいながらパートで働く方法

パートナーの転勤帯同についていく場合、大手企業で配偶者赴任制度などがない限り、多くの場合は妻側が退職することになります。バタバタして後回しにしがちな雇用保険の手続き関係も、漏れのないように準備しましょう。 経験者の私ならではの目線で...
キャリア

これをやったら合格できた!キャリコン資格必勝法【学科対策】

今回は、以前の記事より具体的な勉強方法を解説しています。参考にしてくださいね。 キャリアコンサルタント試験の概要をおさらい 試験科目 ・職業能力開発促進法その他関係法令に関する科目・キャリアコンサルテ...
キャリア

(元)転勤族の妻、現在の仕事。正社員として総務の仕事を担当。

転妻なのに、なぜ正社員になろうと思ったか これまで10年近く、子どもがいる転妻が「外で働く」ことを諦めていました。今は都心部ですが、転勤族が多く流動性が高いのもあって、保育園入園へ踏み出せました。派遣社員でフルタイム復帰しましたが、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました