【国立大・理系出身】の元転妻が今、大学入試について思うこと

キャリア

もうすぐ国立大学・後期日程の合格発表です。私も後期で入学したひとりで、合格しなければ浪人するつもりでした。その逃げられないドキドキ、息のつまる緊張感、とともにやりきった達成感はつい最近のことのように思い出します。

現高校3年生の大学入試は困難の連続でしたね。

具体的には
センター試験から共通テストへの移行初年度
コロナ禍による授業の進捗遅れ・試験問題範囲への順応
受験時に一層の健康管理が必要

といったところでしょうか。

大学入学共通テスト|大学入試センター
大学入試センターのセンター試験の概要、最新試験情報、英語リスニング、センター試験参加大学情報、センター試験Q&A、検定料等の返還請求などに関する情報を掲載しています。

共通テストについて理解しよう | 大学入試の基礎知識 | 河合塾 Kei-Net
共通テストは国公立大学の一般入試受験者にとって原則必須であり、また多くの私立大学でも共通テストの成績が利用できる「共通テスト利用方式」を設定しています。ここでは共通テストの仕組みや科目選択時に注意したいことなどについて解説します。

コロナ禍で大学選びの傾向はどう変わったか

コロナに動じない医療系が増加、文系よりも理系に人気が集中
東京など都市部を避ける傾向も

長期的にみて、何が大切か

理系が有利だとか、資格が取れる学科が良いなど様々な考えがあるでしょう。
今思うことは、後悔のないように、広い視野で比較検討して進学先を決めてほしいということです。
「知っている」と「知らない」で選択はずいぶん変わります。
国立大しか受験しなかったのは自分の判断でしたが、転妻とならなかったら地元から遠く離れることはなかったかもしれないので、人生のターニングポイントになったのは転妻になったことかもしれません。
長期的に・広い視野で人生(キャリア)を考えてほしいと切に願っています。

スポンサーリンク

国公立大学を選ぶメリット

金銭面が圧倒的に違います。
国公立大学には授業料免除制度があり、経済的な理由によって授業料の納付が困難で、かつ、学業優秀と認められる学生は、授業料の納付が免除されます。 学力による基準も設けられていますが、それほど厳しいものではありません。
さらに奨学金を利用することで負担は軽減されます。

独立行政法人日本学生支援機構

高等教育無償化

このあたりはまた記事にしたいと思います。

就活において

私が新卒で就活をしていた頃は、まだ売手市場と言われる頃でした。今と同じようにエントリー、筆記・適性検査、面接がありました。
地元の企業では、大学名や学部学科よりも、高校名で見る傾向があるように思います。近年は人物重視の面接が多く採用され、特定の大学が有利・不利といったことはかなり減っていると実感しています。

今は一社で定年まで勤めるという働き方がかなり流動的になり、転職や起業も増えていますね。しかし、社会人生活において新卒入社の会社から得る影響は多大です。人気のある企業だから、や安定しているから、地元ならどこでもいい、という理由ではなく長期的に見て自分のプラスになる選択をしてください。まずは、知ること!情報は大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました