【転勤族の体験談】幼稚園選びのポイントと、保育園に入れるかどうかを解説

日常

夫の転勤が決まったとき、帯同するのなら子どものことが気にかかりますよね。
子どもの幼稚園、どうしよう。説明会に参加していない幼稚園、雰囲気がわからなくて不安。
年度途中の入園だし、馴染めるのかな。
そんな不安にお答えします。

結論

人気の幼稚園は、順番待ちで入れないこともある。引っ越しが落ち着いてからゆっくり選んでも大丈夫。実際、上の子は年中の後半で転園しましたが、決まるまでは家庭保育でした。

楽しく通って卒園しましたので、みなさんもきっとお子さんに合った幼稚園に出会えるはずですよ。

幼稚園選びのポイント

今でこそ「働きたい!」「キャリアコンサルティング!」と毎日発信している私ですが、子どもの転園先は幼稚園一択でした。
転勤の内示が出てから、おおよその居住エリアを決めて、そこから園探しスタート。
住所が決まらないと園を絞り込んだり、入園手続きをすることができませんので、まずは家探しです。
グーグルマップや市のHPなどからピックアップ。まずは入園の可否を問合せました。
引っ越すまでに決められなかったので、子どもたちを連れて見学に行って決定。前の園と似た雰囲気で、預かり保育のあるところ。

いじめられたりはしなかった?


運が良かったのか、これまで一度も経験していません。ただ市をまたいで通園していたため、小学校はバラバラだったのが残念。
毎日のバス登園で、バス停のお友達と仲良くなり、家を行き来したりして遊んでいました。
転勤族の多い幼稚園だったため、頻繁に入れ替わりがあったのもプラスに働いたようです。

スポンサーリンク

かかったお金は?


転園前の幼稚園で入園金を収めていても、転園後もかかるようです。地方より都心のほうが金額は高め。我が家の場合、6万円を収めました。そのほか、制服やお道具箱なども購入。


用品についてはこちらにまとめています。
転勤族家庭のお悩み、子どもの幼稚園用品選びについて

習い事はどうした?

スイミングに通っていましたが、転居の際に退会しました。口座引き落としになっていることが多いのですが、そろそろ転勤というタイミングで先生に伝えており、しばらく現金で支払ってスムーズに退会。泳力証明書を発行してもらいました。ただ、用品はまた買い直しですけれど。

保育園には入園できるの?

引っ越してきたときは幼稚園一択だったので転居と同時に保育園探しはしていません。
「転入者の集い」に参加して情報を得たので、認可保育園の二次募集に応募して合格。
そのとき私は在宅ワーカーでした。認可外保育園なら親の就労は条件ではないので、より早く入園できますよ。

上の子は幼稚園、下の子は保育園。親目線でまとめています。

我が子を幼稚園にも保育園にも通わせてみて感じたメリットデメリット

幼稚園ママも、働ける

正直、正社員は厳しいです。平日の預かり保育は充実していますが、行事の前日は休みだったり、ルールが細かいです。役員活動も平日昼間です。
私は在宅ワークだったので時間のやりくりをして参観日など毎回参加しましたが、周りのワーママはパートの方が多かったですね。
忙しい方は、積極的に便利グッズを頼りましょう。特にワンオペになりがちな転妻さんにはお勧めしたいものばかりです。
まずは自転車!これがいちばんおすすめです。

ワーママ必見!時短になるグッズ6選
電動自転車購入のリアル【買って本当に良かったもの/生活激変】

まとめ

転園の度に新しく転園先を探したり、余分なお金がかかったり。不安や悩みも多いですよね。
困ったときはSNSなども利用しつつ、先人たちの知恵を借りていきましょう。
過ぎてしまえば、案外楽しかったと思えるもの。親子で毎日をハッピーにしていきましょうね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました