子どもの体調管理は重要!「休めない」を回避するために心掛けていること

キャリア

はじめに

子どもの発熱、鼻水咳、こんなときはそばにいたいですよね。
我が子は喉が弱く、よく熱を出していましたし、感染症が流行し始めると真っ先にもらってくる子でした。仕事の予定が詰まっているとピリピリしてしまってつらく当たってしまいそうに・・・
子ども本人も体調が悪いのはしんどいので、フルタイム復帰とともに体調をキープするためにいろいろな対策をとるようになりました。
ご紹介していきます。

実際に使用しているグッズ・対策はこちら

滋養強壮

7歳以上から飲めるビタミン剤や、腸内環境を整える乳酸菌ドリンク、また、肝油ドロップなど。だんだん発熱頻度は減っていて、強くなったなぁと感じています。

 

電動鼻吸い器・スマイルキュート

鼻水が出やすく、中耳炎に頻繁にかかるため、こちらは本当に助かっています。
これを使うまでは中耳炎になりやすかったのですが、頻度がずいぶん減って、本人も楽になったでしょうし、病院に付き添う大人も負担が軽減されました。
赤ちゃんのときには弱い吸引力で。鼻水が出ているときは粘膜も弱っていて鼻血が出ることもありますが、すぐに治ります。しっかりとねばねば鼻水を吸引することで、寝つきもよくなり元気に登園できますよ。
スマイルキュートを使用していますが、メルシ―ポットも有名です。いろいろ比較して、スマイルキュートを選びました。

ハウスダスト対策・布団クリーナー

これまでは掃除機のヘッドを換えて布製品のダニ吸引をしていたのですが、布団クリーナーを新調。
最新のものとひとつ前のもので迷ったのですが、最新を買って正解。クチコミ通り、しっかり吸ってくれてふかふかに。ワーママは忙しい。ちょっとお金を出せば、自分で動く何倍も助けてくれる優れものがたくさん売っていますよね。
家電はケチらないほうがいいです! 

睡眠

21時には必ず声掛けをして寝かせるようにしています。睡眠をしっかりとることは基本です。夜更かししたがりますが、週末の特別タイムにとっておいて、平日は毎日同じ時間に寝れるように心がけています。

髪の毛はすぐに乾かす

髪の毛が濡れていると体が冷えやすいようで、くしゃみを連発します。せっかく温まった後ですから、着替えの後すぐに乾かすことを心がけています。
子どもの髪は乾きやすいので、そんなに負担になりません。お風呂上りはもちろん、スイミングのあとや雨に濡れたときも同じです。すぐに乾かすことで体温の低下を防いでいます。

最後に

保育園に入園した年は、やはりいろいろな病気をもらってきたり、お休みすることもありました。
その中でもできる対策をしてみることで、少しずつ風邪にかからない期間が長くなってきました。
子どもたちのお疲れサイン・風邪の前触れはそれぞれ。感染症などどうしてもお休みしなければならないこともありますが、子ども本人もつらいですし、親もつらい。できるだけ元気で過ごせるようにできることはするようにしています。
参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました